<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< WICKED | main | MOCHI CREAM >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 蝉しぐれ〜ネタバレしてます

    2007.08.27 | 14:30
    蝉しぐれ プレミアム・エディション
    蝉しぐれ プレミアム・エディション

    予備知識は 予告編でみた
    一青 窈の「かざぐるま」をバックに
    「あなたは 20年 人を愛し続けたことがありますか?」
    のコピーと
    「忘れようと 忘れ果てようとしても、忘れられるものではございません。」
    の染五郎さんだけ。
    「かざぐるま」は よくカラオケで歌うので←ヾ(--;)ぉぃぉぃ
    曲がかかるシーンが見たかった。

    最初の方は
    剣の稽古をする文四郎少年と お隣のふくちゃんの淡い初恋モード。
    お祭りの夜 文四郎の袖をそっと握るふくちゃんが かわいい。
    ちょい テンポが遅くてタイクツな感じもしたけど
    藩のお家騒動にまきこまれた父(緒方 拳)と切腹前に面会するシーンで
    私は もらい泣きモードに。

    文四郎が 父の遺体を乗せた車を 坂道を引くところ。
    肉体的にも 坂を上れない
    社会的にも 父を救えない
    そんな文四郎の悔しさが せつなかった(T_T)

    そしてふくちゃんは 江戸に行き 側室に。
    文四郎とふくちゃんのすむ世界は 違ってしまう。
    数年たって 文四郎は 染五郎さん。
    ふくちゃんは 木村佳乃ちゃん。
    もう ふくちゃんなんて言えない。
    おふくさま という感じの しっかりした女性になってた。
    なんだかよくわからないまま(←例によって大ばか)
    今度は おふくさま自身が 殿との子供に関係するお世継ぎ争いに巻き込まれる。

    で お屋敷に乗り込んできた悪徳家老の手下と斬りあう。
    私 父が時代劇マニアだったので
    実際には 子連れ狼や座頭市のように1本の刀で
    大勢を斬捨てることができないことを知っていたけど
    武士でありながら 一度も人を斬った事=殺した事がない文四郎と逸平(ふかわりょう)が
    びびりながらも 相手を斬り 
    しかも 屋敷中の刀を集めて
    斬るたび 刀を取り替えるのは かなり壮絶。。

    夜の町を 赤ちゃん抱いて急ぐ 文四郎&ふく
    お祭りの夜のように 文四郎の袖を握るふくにまたもらい泣き。
    そんなにぎゅぎゅーっとしたら 赤ちゃんが泣いちゃうよ
    と思ったら やっぱりそうなった。

    文四郎が おふくさまから手紙をもらって会いに行くのは
    そこから
    さらに数年経っていたのね。
    「お子様は?」
    と聞かれて
    「ふたり。」と答えて 初めてわかった。(←やっぱり大ばか)
    なんとなく 文四郎にはふくを想って独身を貫いて欲しいような気もしちゃったわ。

    「私の子が 文四郎様のお子で
    文四郎様のお子が 私の子である道はなかったのでしょうか。」
    と 尋ねるふく。
    この二人 今まで 肝心な内容の会話はほとんどしてなくて
    自分の想いを伝えるシーンがほとんどなかったので
    文四郎が
    「そうすることができなかったことを後悔しています。」
    (ちゃんと台詞をおぼえていない(T_T))
    と答えて あー ちゃんと言葉にしてくれてよかった と思った。

    蛇に噛まれた傷の事
    父の遺体を乗せた車を二人で押したこと
    花火の夜の事 桜 雪の日のこと
    それらすべてが
    「忘れようと 忘れ果てようとしても、忘れられるものではございません。」
    なんだなーと そこら辺は ぐしょぐしょモード。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

    この二人 こんなに好き同士でも結局結ばれない。
    別れのシーンが またもらい泣き。
    夕もや流れる舟の上で 文四郎も泣いたのかな。

    TVで見たので カットシーンも多かったのかも。
    エンドロールで 「かざぐるま」かからなかったし。
    いつかレンタルして もう一度見よう。

    こうなると 「かざぐるま」が聞きたくなって
    CD探して 聞きました。
    映画見た後 聞くと この曲 まさに
    文四郎とふくの世界だわ。

    ◆追記◆

    原作を読んだという友人に
    2人が最後に会ったシーンのことを教えてもらった。
    うーん ちょっと がっかり。

    結ばれないからこそ よかったと思ったのに。
    そうなって
    「これで思い残すことはございません。」
    と 別れていくのでは 時代物っぽくないような気がしてしまう。

    しかも文四郎の子供は 二十歳位らしい。
    私が 想像してたより ずっと時間がたっていたのね。


    かざぐるま
    かざぐるま
    一青窈,武部聡志,富田素弘



    you tube 「かざぐるま」
  • スポンサーサイト

    2016.06.08 |
  • コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    蝉しぐれ
    蝉しぐれ『蝉しぐれ』(せみしぐれ)は藤沢周平作の長篇時代小説。藤沢作品のなかでも代表的な小説のひとつである。1986年7月9日から1987年4月13日にかけて「山形新聞」夕刊で連載。1988年に文藝春秋 (出版社)|文藝春秋社 から単行本刊行。1991年に文
    • ゆうかの記録
    • 2007/08/28 5:03 AM