<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 江戸川でハゼ釣り | main | イ・ビョンホン アリーナツアーに思うこと >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 松任谷由実 シャングリラ3 最終日 昼の部〜ネタバレしてます

    2007.09.18 | 15:39
    yoyogi

    9月ってこんなに暑かったっけ?
    ユーミンのシャングリラ3 最終日の昼の部に行って来た。
    ほんとは オーラスの夜の部のチケットがほしかったのだけど(;_q))

    ツアーがスタートした横浜アリーナで7月に見てから もう2ヶ月以上。
    この間に シャングリラがどのようにグレードアップしたのか
    自分の目で見られることに すごくワクワク。
    今日は中学生の次女といっしょ。
    次女は 観客の年齢層の高さにちょっとびびり
    自分が すごく浮いてるって それをやたら気にしてた。

    今回は 2階ほぼ真南のスタンド席の前列の方。
    自分で取った代々木のチケットは いい席に当たったためしがないのだけど
    このユーミンのシャングリラに関しては ステージ全体とプールが見渡せるスタンドは
    goodです。

    セットリストは 横浜のときとまったく同じ。
    横浜行った日のこと→ こちら

    なので 印象に残ったことをいくつか

    ようこそ輝く時間へ

    席についたとき 向かいのスタンド席上方に色とりどりの風船が見えたので
    どの曲の時かなとワクワクしてた。
    通路にお人形が現れたのとほぼ同時に 上から風船が落ちてきた。
    タッチできてうれしい。運動会の大玉ころがしの感覚。
    そしたら すぐそばで いきなり割れて ちょっとびっくり。
    鉄棒にも風船がついていて 前よりかわいくなった(*^m^*)

    ユーミンのあいさつ

    一曲めが始まったとき 少しユーミンの声がかすれ気味に聞こえて
    疲れが出たのかな
    それとも 最終日だから そのせいなのかな
    とちょっと気になった。
    最終日だからというコメントはそれほどなく
    MCも 横浜のときと ほぼ同じかな。

    インカの花嫁

    ダンサーが松明持ってた。
    火が燃えてる分 エネルギッシュに感じた〜。

    SAVE OUR SHIP

    今回いちばん感動したのは この曲。
    曲のクライマックスで 天井から白い人々がさかさまに降りてきて
    グランドピアノを弾くユーミンとともに再び登っていく。
    そのとき 下からいっしょに布のようなものを引き上げていくのだけど
    それが光の帯のようにも
    水の幕のようにも見えて
    私は なんだか 地球規模の荘厳さを感じてしまった。

    代々木の天井が もっと高かったら と思っちゃった。

    SHANGRILAをめざせ&真夏の夜の夢

    今回のこのシャングリラ3で中学生の次女が知っていたのはこの2曲だけ。
    これで 次女が楽しめるのかが いちばん不安だったのだけど
    次女は ものすごーく満足してくれたというし
    中でも この2曲は素晴らしかったと言ってたので 
    今の次女の年齢よりも若い時代からユーミンを知ってる私としても ものすごーくうれしい。

    空中ブランコでは 一瞬はっとしたところもあったけど
    でもでも ほんとうに素晴らしかった。

    最後の 真夏の夜の夢は さらにパワーアップしてるように感じた。

    そして
    アンコールへ

    今回 席が2階席で遠かったので ユーミンが涙ぐんでるのかどうかは見えなかったけど
    メンバーの名前を呼び上げるところの声で なんとなく ユーミン泣いちゃってるのかなと思った。

    ミラーボールの光の粒が 会場中に散らばって
    観客もユーミンやメンバーたちと いっしょに星になったようなそんな気分。

    最後のデデューの水中の舞い ホントに美しかった。
    ユーミンが MCで
    これは 夢を さらに夢が見ている みたいに言っていたけど
    そんな感じ。
    いっしょに美しい夢をみさせてもらいました。

    横浜のとき 深い海の底へもどっていくようにデデューが消えていって
    終わったのだけど
    その後 照明がつかなかったので
    やっぱり 最終日
    なにか あるんだと 再び ワクワク。

    でも 席を立って外に出て行っちゃう人が すごくたくさん。
    もう少し待てばいいのに〜〜〜。

    ほら やっぱり もう一度出てきてくれたじゃん。
    メンバーみんなでもう一度ステージに集まる。
    ユーミンは 最終日まで走りきれたことを とても喜んでいるようでもあり
    このまま この場所にとどまっていたいと思ってるようにも見えました。
    ユーミンとデデューと武田美保さん
    肩抱き合ってました(*^^*)

    夜の部では この後さらに 「ひこうき雲」&「春よ こい」もあったそうで
    うーん 昼の部でも やってほしかった。

    今回のシャングリラ3も 選曲がかなりマニアックな感じで
    その曲の存在すらわすれていたようなものもあったのだけど
    シャングリラは そのマニアックさを楽しむものなのかな
    とも思う。

    DVDになったら 細かい部分まで じっくりみたいな。

    yoyogi


  • スポンサーサイト

    2016.06.08 |
  • コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    武田美保
    武田美保武田 美保(たけだ みほ、1976年9月13日 - )は、日本人の元女子シンクロナイズドスイミング選手である。シドニーオリンピックとアテネオリンピック (2004年)の銀メダリスト。世界水泳福岡市|福岡大会金メダリスト。身長165cm、体重54kg。来
    • ゆいかの日記
    • 2007/09/23 11:48 AM