<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ユタとふしぎな仲間たち | main | 洋楽倶楽部'80s〜「Dancing 80's」 >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • きつねのおきゃくさま

    2010.12.16 | 15:24
    JUGEMテーマ:本を見つけたよ

    高校生の次女とTVを見ていて
    池上先生が子どもに読んでほしい本の話をしていた。

    読んでほしいというか うちにとって いちばん大切な本はこの
    「きつねのおきゃくさま」だと思う。

    次女が幼稚園の時 お迎えに行ったら
    担任の先生に呼ばれた。

    絵本の読み聞かせの時間に この本読んだら
    次女が ひとり号泣したそうで
    死を扱った話を聞かせるには まだ時期が早く 刺激が強かったかもしれない
    でも とてもいいお話なので ぜひお母さんも読んでみて下さい
    と この絵本を貸してくれた。

    私 この本を全然知らなかったので
    家に帰って 次女のいない所で
    小学3年生くらいだった長女と一緒に読んだ。

    最初は
    親切な事言って 太らせた後で食べようなんて
    きつねっていつもこういうずるがしこい役回りでかわいそうだなあ
    などと言いながら 読んでいたんだけど

    やさしい とか 神様みたいとかほめられて ぼうっとなっちゃうきつねは
    なかなか愛すべきキャラです。

    山からオオカミがやってきて ひよこたちを襲おうとする。
    きつねは すぐに飛び出して ひよこたちを守るために 戦う。

    この 「すぐに飛び出して」
    から

    「きつねの体に、ゆう気がりんりんとわいた。

    おお、たたかったとも、たたかったとも。

    じつに、じつに、いさましかったぜ。」

    で 私と長女ももらい泣きモードになる。
    だって こんな短い淡々とした文章だけど
    きつねが どんなに必死で どれだけ長いことオオカミに屈せず
    ひよこたちを守るために立ち向かっていたのか
    すごくわかるじゃん。

    きつねは

    「そのばん はずかしそうに 笑って死んだ」

    これは 次女が号泣しても無理はない。
    長女も 泣いたし。
    しかも この時のきつねの絵が 切ないんだ(━━━┳━━━○━━━┳━━━)

    でも 私は 次女になんて言ったらいいんだろうか。。。
    私には とても 今この本を読んだ気持ちを 言葉に表せない。

    なんで はずかしそうにわらって死んだきつねに こんなに涙が出ちゃうのか
    説明できない
    と悩み
    恐る恐る 夜 次女に
    「今日 先生がママにも この本読んで下さいって 貸してくれたよ」
    と見せたら

    次女は もう幼稚園での号泣から すっかり立ち直ったんだか

    ねーねー とっぴんぱらりのぷう ってなに? 

    と そればっかり聞いて来て

    さあ ママにもわかんないよ

    って事になった。

    前に ベストハウス 1 2 3で泣ける本が 話題になった時
    すぐに飛びついて 「いけちゃんとぼく」を買って読んで
    まあ 確かにもらい泣きしたけど それは
    いけちゃんが誰だかわかったから 私は もらい泣きしたんじゃなくて
    その前の お父さんが亡くなるシーンで
    どちらかと言えば 子どもを残して旅立つお父さんの気持ちで泣いたような気がする。

    なので 「いけちゃんとぼく」で号泣したって話を聞くと
    私にとって この本は 泣けるっていう本じゃなく
    なんていうのかなあ 
    自分を見守ってくれるあたたかい存在
    というか
    誰かをそっと見守ることのシアワセな気持ちとか
    そういうのを思い出させてくれるっ本ていうか。。。。

    ほんとうに泣いた絵本というなら
    私は 子どもの頃読んだ ごんぎつね や ないたあかおに の方が
    よっぽど素直に 泣いたかも。
    フランダースの犬も よたかの星も かわいそうなぞうも
    みんな泣きながら読んだよ。

    昭和の私は 今の若い人たちとは 泣けるポイントが違うんだろうなあ。
    誰の時だか 忘れたけど
    授業参観で ごんぎつねやったときに
    先生が ごんぎつねをどう思うかって質問したら

    ごんぎつねは バカだと思う

    とか

    最初から 自分が食べモノとか持ってきたって言えば殺されずに済んだのに

    とか言う意見を聞いて
    なんだかなー と思ったっけ。

    そんなこと思い出して 次女に
    「ねーねー ないたあかおに って話知ってる?」
    と聞いたら
    あっさり 
    「知らない」 と言われた。

    ちなみに 次女が 自分の子供に読ませたい本は
    かいけつゾロリシリーズだそうで

    そういえば 何十冊も本棚に並んでるもんね〜。






  • スポンサーサイト

    2016.06.08 |
  • コメント
    こんにちは
    遅くなってしまいました<(_ _)>

    うちの子たち(長男は 昭和生まれですが)
    「泣ける」本とか映画とか音楽とかに すごく敏感に反応します。

    私に 「号泣したから」って勧めてくれるものが
    えーーー これで号泣?って私には いまいちピンと来なかったりします。
    特に 恋愛に関するものが。

    2000年生まれの娘さんは どんなところがツボなのかなぁ?

    • マリコ
    • 2010.12.21
    • 14:48
    ★★★★☆★★★★☆
    ★★★★☆★★★★☆
    ご訪問頂き有り難うございましたm(_ _)mペコリ

    さて…ウーンどうなんでしょうか? やっぱり昭和の私達と平成の若者とは
    違うのかな…ちょっと心配になってきました(^_^;ゞアセ
    何かを悲しいと思ったり、寂しいと思ったり、嬉しいと思ったり、誰かを思う気持ちだったり、
    愛する気持ちだったりは、同じであって欲しいと思っちゃうのですけどね。

    2000年生まれの娘…大人になったらどうなる?と思うのでした。

    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック