<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NHK songs 由紀さおり | main | 毎朝ちゃんと起きられていますか? >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 沢田研二 LIVE2011-2012 @武道館

    2012.02.02 | 09:49
    評価:
    橋本淳,山上路夫,なかにし礼,バリー・ギブ,菅原房子,安井かずみ,有川正沙子,森本太郎,林美智子,モーリス・ギブ
    ユニバーサルJ
    ¥ 3,300
    (2006-01-18)

    JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

    長年のジュリーファンの友達がチケットを取ってくれたので
    沢田研二 LIVE2011-2012 with ザ タイガース
    を見に行った。

    9月のツアー初日と 先日のファイナルと
    おいしいところに見に行けた。

    と言っても いくらオバサンの私でも さすがにリアル ザ・タイガース
    は知らなくて
    記憶に残ってる ザ・タイガースは 多分大きくなってから
    見たり聞いたりしたものなんだと思う。
    当時の年齢的にね。

    私にとって沢田研二は ザ・タイガースではなく
    その後の 「勝手にしやがれ」だったり
    マンズワインのポスターの「あなたに今夜はワインをふりかけ」だったり
    3億円事件のドラマ「悪魔のようなあいつ」だったり
    寺内貫太郎一家で 樹木 希林さんが「ジュリ〜〜〜〜〜」って言うシーンだったり
    8時だよ全員集合で 志村けんさんとのコントだったりだからね〜。
    その当時のジュリーは 確かに派手で カッコよく
    クラスの中にも ジュリーファンは いたけど
    彼女たちも  ザ・タイガースの頃から好きだったのかどうかは よくわかんない。

    と まわりの方々からは 私はちょっと浮いた感じで
    ライブは 始まった。

    曲はそこそこ知っていますが
    当時のザ・タイガースを知らないので 今目の前のジュリーに
    「君だけにーーー 君だけにーーーー」
    と指さされても
    「きゃぁあああああああああ」
    とはならない。
    全盛期の頃のジュリーだったら 失神するかも。

    まわりの方々の
    「サリーーーーーー」の声を聞いても
    当時を知らないので 岸部一徳さんがベース弾いてるって見えてしまうの。
    まわりの方々の熱狂ぶりに取り残された感じで
    焦ってしまうわ。

    初日の時もそうでしたが ジュリーは
    結成当時の5人で ザ・タイガースをもう一度やる事に
    こだわってるみたいだった。
    今はまだ 道の途中 5人でやらなくちゃ 
    と 何度も言う。

    確か ジュリー全盛の頃 化粧品のCMで
    ピーを除く4人で 再結成した時もあって
    あのときは ピーがいないザ・タイガース
    今回は トッポがいないザ・タイガース
    私は 単に 世界ではビートルズが解散して
    日本では 時代がグループサウンズではなくなったから
    ザ・タイガースも解散したんだと 漠然と思っていたけど そうではないみたいなのね。

    サプライズでトッポが「花の首飾り」を歌ってくれるんじゃないかという噂もあったようだけど
    最終日のサプライズは 一徳さんに付き添われて登場した岸部シローさんだった。
    ご病気だとは知らなかったので その様子にびっくりした。
    岸部シローさんが ビージーズの「若葉のころ」を歌った。
    この参加は シローさんに大きな励みになったんだなーと思った。

    いちばんいきいきして楽しそうだったのは ピーの瞳みのるさん
    芸能界を長く離れていたピーが いちばん当時のようなスリムな体型を保っていたのが
    なんか不思議だね。


    最終日だったので ダブルアンコールで SATISFACTIONを
    やってくれました。
    あれこれ文句言った風になっちゃったけど
    それは 私が 当時を知らなさすぎたからであって
    ザ・タイガースは素晴らしかったし
    ライブ 本当に楽しかった。

    帰りの電車の中で 同じくライブ帰りの方々のお話がなんとなく聞こえてきた。

    (彼女たちは これから東京駅発の夜行バスに乗り おうちに着くのは翌日の早朝らしい。
    この日のために遠くから やって来た人はたくさんいたのよね)

    ジュリーが 「花の首飾り」を歌ったから
    やっぱり トッポは来なかったね

    でも 歌わない曲があったから みんな絶対 次にほんとのザ・タイガースででやることを
    考えてるんだよ
    ぜったい 次があるよ

    トッポの為に歌わなかった曲って なんだろう?
    考えながら帰ったけど 結局 私には思いだせなかった。
    で 家に帰って ダンナに聞いてみた。

    ダンナは 当時 ザ・タイガースの熱狂的ファンだった姉に連れられて
    握手会だかサイン会に 行った事があるそうなので。

    ダンナは
    えーーー? 自分だって 小学生だったから覚えてないよ
    と言いつつ 一生懸命考えてくれて

    わかった 「青い鳥」だ

    ( ̄− ̄メ) それ ジュリーが歌ったし 私だって知っていましたから

    えー でも 絶対に鳥の歌だったんだけどなー
    と言うんで you tubeで探したら わかったーーーー。

    「廃墟の鳩」だわ。

    you tube→こちら



    なんか壮大だわ〜〜〜。
    ジュリーとはまた違ったいい声だし。

    いつか 5人そろった時に ぜひこの曲聞かせてもらいたい。

    ジュリーたち当人にとっても 当時からのファンにとっても
    再結成は 5人でなくちゃきっと意味がないんでしょう。
    当時大ファンだったというダンナの姉に

    私 ザ・タイガース行ったんですよ
    と言っても

    だって トッポいないんでしょ?
    ピーが来てくれても トッポがいないんじゃ
    それじゃ ザ・タイガースじゃないもの

    と言っていたから。





    姉が置いて行ったシングルレコード
    他にも ソロになった後の沢田研二のLPレコードが今もたくさん残ってる。





    <セットリスト>
    01. Mr. Moonlight
    02. Do You Love Me
    03. Time Is On My Side
    04. 僕のマリー
    05. モナリザの微笑
    06. 銀河のロマンス
    07. 坊や祈っておくれ
    08. Because
    09. 若葉のころ
    10. テルミー
    11. Justine
    12. 淋しい雨
    13. 風は知らない
    14. 散りゆく青春
    15. 花の首飾り
    16. 割れた地球
    17. 怒りの鐘を鳴らせ
    18. 美しき愛の掟
    19. 青い鳥
    20. シーサイド・バウンド
    21. 君だけに愛を
    22. 誓いの明日
    <Encore 1>
    23. シー・シー・シー
    24. 落ち葉の物語
    25. ラヴ・ラヴ・ラヴ
    <Encore 2>
    26. SATISFACTION

  • スポンサーサイト

    2016.06.08 |
  • コメント
    週刊現代ですね。
    まだ間に合うかな?
    木之内みどりちゃん 懐かしいです。
    その昔 西武園だかユネスコ村だかで アグネス チャンの前座で見ました。
    とてもかわいかったです。
    ダンナは高校生の頃 渋谷で見かけて あまりのかわいさに
    友人と後をつけたそうですヾ(- -;)
    • マリコ
    • 2012.02.24
    • 11:48
    お時間見つけて、立ち読みなさってください。

    今週号の週刊現代の木之内みどり企画での対談。

    スティーブン・タイラー、若しくはミック・ジャガーに似ている方が
    わたしの師匠&仲人です。
    遅くなりました。
    さらに その上 私 facebook登録していないんですよ〜。
    お知り合いも いらしてたのですか?

    私 武道館に入った時 全周客席で驚きましたよ。
    タイガースで 武道館 満席になるの〜?って。
    そしたら ほんとに満席。
    すごいですね〜。
    今 子犬のお世話に追われてて ライブ行ったのが
    遠い昔のように思われます。
    • マリコ
    • 2012.02.07
    • 11:32
    こんばんは。

    ひょっとしたら、師匠と接近遭遇してたかもしれませんね。

    http://www.facebook.com/#!/shigeo.owa

    よいウイークエンドをお過ごしください!
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック