<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 朝ごはんのメニューを教えて! | main | 沢田研二 LIVE2011-2012 @武道館 >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • NHK songs 由紀さおり

    2012.02.01 | 09:44
    JUGEMテーマ:今日の一曲

    番組HP → こちら
     
    たまたまオンエアを見ていたダンナが
    今 人気なのは知っていたけど すごい貫録あったなー
    と言うので 再放送を録画して見た。

    ほんと ニューヨークのコンサート映像は すごいです。
    だって ニューヨークで 日本語だもの。

    由紀さおりと言えば すぐ思いつくのは
    やっぱり 「夜明けのスキャット」
    小学校の低学年だったけど リアルで覚えてる。
    だって ルールールーとか ラーラーラーしかないもんね。

    次に思いだすのは
    ドリフターズのコントで バカ殿さまのコントで
    最初 アイドル歌手に年齢を聞いて
    14とか15と答えるのに へらへらしていたバカ殿様が
    由紀さおりにも 年齢を聞いて
    おなじように
    「14にございます」
    で バカ殿様が 怒るのがおかしかった←どんだけドリフターズ好きなんだか┐(´-`)┌

    それから大分経って 姉妹で童謡
    そして今

    昔は 細いキツネのようなイメージでしたが
    歌いっぷりも 見た目も 確かに貫録あるね。
    きれいな声 すばらしい歌だった。

    高い声のイメージだったけど 少し低音の「パフ」が印象的。

    日本での代表曲と言えば もちろん「夜明けのスキャット」1969年だけど
    他にも 覚えてる曲はある。
    「手紙」1970年 とか
    「ルームライト」1973年 とか
    けっこう長期にわたって 売れていたのね。

    ずいぶん前に 中森明菜ちゃんの 「歌姫」というアルバムを買って
    そのなかの「生きがい」と言う曲が
    由紀さおりさんの曲だった。
    意外な曲 選ぶんだなーと思った。

    中森明菜ちゃん you tube → こちら

    由紀さおりさん you tube → こちら


    中森明菜ちゃんは 特別ファンでもないけど
    なんか応援してあげたいような気持もあって
    「歌姫」シリーズは 3くらいまで買ってたんだけど
    明菜ちゃんで聞いてると オリジナルの方をつい思いだしてしまって
    そっちが聞きたくなっちゃうんだよね。
    選曲はいい分 それって 明菜ちゃんにとってはいいこと?

    ・・・と話がそれたね(^^;




    評価:
    由紀さおり
    EMIミュージックジャパン
    ¥ 2,996
    (2011-10-12)

  • スポンサーサイト

    2016.06.08 |
  • コメント
    明菜ちゃん 出だしはよかったのにね。
    「スローモーション」→「少女A」→「セカンドラブ」の売りだし方はすばらしいと思いましたね。
    竹内まりやのアルバム買った時のライナーノートに
    「駅」という曲について 明菜ちゃんは曲の解釈を間違ってるみたいに山下達郎さんがが書いていて
    厳しいなーと 当時思いました。

    曲の解釈についてはよくわからないけど
    私 明菜ちゃんは 「駅」のような囁く歌い方よりも「北ウイング」みたいな歌い方の方が好きだったんで
    「駅」に関しては 竹内まりやさんの方がいいかなぁ。

    小野正利さん 高音のきれいな人ですね。
    • マリコ
    • 2012.02.02
    • 10:06
    すみません、酔狂です。

    明菜初代ディレクター、わたしの大学先輩でした。(業界に入って知りました)その先輩とは師匠から紹介され、その後よく一緒に飲みました。

    小野正利、世に送り出したのは、その先輩でした。

    相変わらず昔話しです。
    • twins-dad
    • 2012.02.01
    • 13:42
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック