<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< TOKYO CITY VIEW と ジョジョ展 | main | ドリフターズを語りたい >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 富士山と 道の駅 富士吉田

    2012.10.17 | 15:10
    JUGEMテーマ:富士山

    TVで 富士登山をしている人をみると 
    いいなー  私も登ってみたいなー と思う。
    (東京マラソン見ても 東京マラソン出たいなーと思うのと 同じミーハー的感覚で)
    でも 多分(←ぜったいっ)無理なので せめて近くで見たい。

    だって うちのそばからは
    マンションの隙間から こんな富士山しか見えないんだもの。



    というわけで スバルラインを登って 5合目まで行ってみた。

    下界ではきれいな晴天だったのに 山の天気は変わりやすいのね(;_q))



    この建物の後ろに見えるはずの富士山が
    ・・・・見えない(* ̄□ ̄*;

    でも ここまで来たんだから そう簡単にあきらめるわけにはいかない。
    あちこち 散策しながら 雲が切れるのを待つ。

    今 自分が立っている場所は 標高2300メートルくらいで
    富士山の一部なのに さらに 山頂が遠く感じて
    富士山て 高いのね〜。
    ちょっと歩きまわっただけで ぜーぜー息切れがして
    ゼロメートル地帯に暮らす私たちが 富士登山をするなら
    日ごろから 高地トレーニングをしなきゃ 永遠に無理ね。

    そんな私 日ごろの行いがよかったのか だんだん晴れてきたよ。



    さすが富士山 この5合目は 日本人より圧倒的に中国系観光客が多くて
    そのパワーに圧倒されて 
    早々に5合目を退散して 場所をかえる。

    こちらのほうが 5合目よりはちょっと離れたけど
    ずっときれいに見えた。

    CAI_1460.jpg



    おまけ



    ここから 下り 道の駅 富士吉田 へ。

    2012101422250000.jpg

    くわしくは → こちら

    ここは ドッグランがあり 犬連れにやさしい(*^^*)

    ダンナとわんこがドッグランで遊んでいる間

    私は富士山レーダードーム館を見学

    CAI_1466.jpg

    映画を少し見ましたが 朝早かったせいで 途中気を失いリタイアヾ(- -;)

    CAI_1468.jpg

    TVで見た 吉田のうどんを食べてみる。

    2012101422280000.jpg

    うどんにゆでキャベツって不思議よね。
    確かに コシがあって 固かった。
    薄味のおだしとあって おいしかったよ。

    富士山はやっぱり日本一の山だ。
    私は 多分頂上まで登れないけど
    人生で いちばん近くで見た富士山は
    ごつごつしてて 生きてる山って感じ。

    遠くから見た方が その形のうつくしさが際立つのかな?






  • スポンサーサイト

    2016.06.08 |
  • コメント
    ナチョパパさん

    すっかり遅くなってスミマセン<(_ _)>
    ここ数日 日暮里の富士見坂からダイヤモンド富士が見られるというニュースを見て
    私も土手で富士山に沈む夕日を見ました。
    いつか登ってみたい と言う夢は持ち続けるでしょうけど
    多分 無理ですね。
    筑波山も 前もってのトレーニングと装備が必要だと
    ケーブルカーで行って実感しましたヾ(- -;)
    • マリコ
    • 2012.11.15
    • 11:16
    twins-dadさん

    リアル日常が忙しすぎてすっかりご無沙汰になってしまいました。
    おそくなってすみません<(_ _)>
    富士山が いつでも近くで見られる場所で育つってうらやましいです。
    私は 富士山はいつも同じ姿に見えてしまうけど
    静岡側からと 山梨側からではそもお顔は やはり違うのでしょうね〜。
    • マリコ
    • 2012.11.15
    • 11:11
    ★★★★★★☆★★★★★★☆★★★★★
    ★★★★★★☆★★★★★★☆★★★★★
    昔ならともかく、今はもう全く自信が無いです。
    絶対に山頂までは目指しもしないと思います(^_^;)アセ
    3000メートル級になると、そんなに簡単な話じゃ無くて、
    ちゃんと装備を持って行かないと思わぬ所で怪我したりしますから。
    実際に結構な人が怪我したり亡くなったりしているのですよね。

    今はもう亡くなってしまった駅舎なんですが、
    僕の実家があった成城学園前っていう小田急線の駅舎から
    昔は富士山が見えました。
    今はもう駅自体が地下化されたり、部分的に高架線になってしまったので
    そんな景色は見られないのですが…。

    やはり富士山というのはちょっと不思議な思い入れがあるのかも知れません。
    ※国立に住んでいた時は、中学校の屋上から見えた気がします。
    記憶が定かじゃないのですが…(^_^;)アセ

    こんばんは。

    富士山、ものごころが付いた頃から身近な存在だったので
    知らず知らずのうちに私の精神の支柱になっている部分があります。

    やはり、身近で見れると元気になります。

    吉川英治の『宮本武蔵』のなかで、武蔵が足の怪我を厭わず山頂を
    目指し登っていき、頂上にたどり着いたときには、その怪我の膿等が
    出切ってある種の悟りを開くシーンがあったと思います。

    あきらめずに物事を続けることの大切さでしょうか。
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック