<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 帯状疱疹になりました 〜帯状疱疹と診断されるまで | main | 帯状疱疹になりました〜その3 耳鼻科に行った >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 帯状疱疹になりました〜 その2 病名は 帯状疱疹

    2013.09.25 | 18:28
    JUGEMテーマ:ちょっと病気の話

    ********9月17日 (火)

    朝 私がふだん診てもらっている病院の皮膚科に行った。

    事前の問診表に経過を書いて
    診察室に呼ばれたら 美人女医は
    私を見て
    「これは 帯状疱疹 と思われます」
    と 言った。
    「あと3日早く 受診してたら こんなに重症にはならなかったかも」

    帯状疱疹は発症から72時間以内に治療を始めると
    重症にならないらしい。

    そんなこと今言われても 連休だったじゃーーん(T_T)

    とびひ ではなく 帯状疱疹

    まったく予想していなかった病名に ぽかーん
    それから 美人女医は
    帯状疱疹という病気について 詳しく説明してくれた

    帯状疱疹とは
    くわしくは → こちら



    ちなみに この病気には オロナインも化のう止めの薬も
    まったく効果はないそうだ。

    あー
    絶望・・・



    私 日曜日に 1歳の孫を抱っこしてしまいました。
    水ぼうそうが 移る可能性が大きいといわれ大ショック。
    (後で 息子のお嫁さんに聞いてみたら 赤ちゃんは
    水ぼうそうの予防接種をしているそうだ)

    極端に体が疲れていた 体調が悪かったとか
    大きな精神的ストレスはありませんでしたか?

    と聞かれ どちらも大ありだわーーーー。 


    血液検査の後 出た薬は3種類

    バルトレックス(抗ウィルス薬) 2
    コカール(熱と痛み止め)    2
    メチコバール(神経の修復を助ける薬) 1          1 

    を1日3回 3日分

    と 抗ウィルス剤の塗り薬




    飲んだからと言って 劇的に症状が改善するわけではないそうなので
    1日おいて 木曜日に受診することになった。



    最低限の家事以外は 安静
    高熱でたら 入院ですよ

    と言われた。

    とりあえず 病名がわかったことと
    帯状疱疹のための薬がもらえたことに ほっとした。


    薬による治療が始まったものの
    痛さも はれも改善するどころか どっちも どんどんひどくなる。
    頭痛もひどく 
    原発の鼻の下はもちろん 顔の左側全部が痛くて
    痛いっていうか 口の左側がしびれてるっていうか
    左目の下あたりも 違和感あるし



    口の周りが腫れているせいで 飲んだり食べたりやハミガキがとても不自由。
    その前に 食欲もないけどね。

    もう 鏡を見ると 果てしなく絶望感

    鼻を中心に 顔の右側と 左側
    その左側も 目から上と 下は まるで別人・・・

    要するに 顔をタテ ヨコに4つに分けたうちの
    左下半分が とんでもないことになってしまっている。

    私はうつぶせで寝るのが好きなんだけど
    顔が痛くなってから それもできない。

    ********9月18日 (水)

    朝 頭と顔が痛くて目が覚めた。
    ベッドから体を起こすと ドレッサーの鏡が見える。
    そこに写った顔を見て ひええええええーー

    メガネやコンタクトをしていない裸眼でも 顔の左側が赤くはれてるのがわかる。
    人生最大のブスの顔
    前日よりも さらに

    顔の右側と左側の差が 激しくなってきた。

    犬の散歩に行くのに メガネをかけてマスクをした。
    マスクが 水ぶくれにあたって ゲキツー
    暑いから マスクの中で汗をかく
    その汗が 水ぶくれに触れて ゲキツー
    もう ゲキツー地獄

    顔が痛いのか
    頭痛なのか
    痛みの種類も境目もわからないくらい痛いし
    鼻や口の左側からほっぺたにかけて 常に 低周波治療器をかけているような
    ぴりぴりしたしびれも感じる。

    その昔 私の母が入院中 帯状疱疹になった。
    当時 母は肺から脳への2度目の転移の手術の後で
    性格や言動がかなり 危なくなっていて
    子供のように痛い 痛い と泣いて暴れて 大騒ぎ

    母は 顔のどちら側だったかは忘れたけど
    おでこから 眉毛 目の周囲に発症した。

    初めて聞く病名と 母の様子(見た目もその暴れっぷりも)に
    私は おろおろするばかりで なにもできなかった。

    今なら 母の痛さがわかる。

    そういえば 雅子様も帯状疱疹で公務をお休みされていたよね。
    当然だわ
    寝ていても 痛くてたまらないのに 公務なんてできるわけがない。
    雅子様 大変だっただろうなあ



    ダンナに 
    「せっかくだから 記念に その顔 連続写真で
    撮ってやろうか」
    と言われて 蹴り飛ばしたくなった。

    痛い ただただ 痛い・・・・・

    コンタクト できない
    化粧 できない
    食欲ない 普通に飲んだり食べたりができない
    痛くて 口を開けにくいので 話しにくい

    そして薬飲んでる間は ビールも飲めない

    まあ 痛くてビールどころではないので
    それは あきらめるとして

    痛い ほんとに痛い




    ********9月19日 (木)

    皮膚科の予約は 午後だった。
    午後になったら 病院で診てもらえる
    それだけを心の支えに 痛いのを我慢したようなもんだわ。

    たぶん この火 水 木 金 土が痛さも 腫れ具合も ブツブツもピークだったと思う。
    3時の予約が 思いのほか 待たされ
    顔の痛さと しびれと 頭痛がもうごっちゃになって
    やっと診察室に呼ばれて 先生と看護師さんに
    「あーー これは つらかったわねー 痛かったでしょう」
    と言われたら いい年してるし
    そのうえ こんなブスの情けない顔で 恥ずかしながら
    なんだか 涙が止まらなくなってしまった。

    はい ほんとに痛くてつらかったんです。



    ブツブツの痛み以外に 顔のしびれのような痛みを 言ったら
    ハント症(?)だったか顔面麻痺を心配されて
    耳鼻科の受診を勧められた。

    この日は もう外来が終わってるので 翌日の耳鼻科の受診に
    紹介状をもらい

    同じ薬をさらに 4日分
    痛み止めのコカールは 2錠から3錠に さらに毎食後のほか寝る前も1回の
    1日4回になった。
    次は 連休明けの火曜日。

    連休中 今みたいに 痛くて痛くてたまらないときには どうしたらいいですか?
    と 涙ながらに訴えたら
    ロキソニンも 出してくれた。

    少し 安心。

    でも 痛い 

    皮膚科でいちばん痛い病気が 帯状疱疹
    と美人女医が言っていた。


    息も絶え絶えで 家に戻って すぐ ロキソニンを飲む。
    どうか 早く効いてきますように。

    夕方 ダンナの母が 姉の家まで送ってほしいというので
    ふらつきながら 車を準備

    顔が痛くて 脚元ふらつく その関連性がわからないけど
    とにかく しんどい。

    ロキソニン飲んだ後 車運転してもいいのかなあ
    と 思ったけど そんなことも どうでもよくなる。

    母が 心配して 大丈夫?大丈夫?どうなの?どうなの?
    と 何度も聞いてくれるけど
    はっきり言って 返事するのもつらいんです。

    で あいまいに 
    あ はい 
    とか 返事していたら 母が

    あ みて きれいな満月 今日は中秋の名月よ

    正面に オレンジ色の大きな満月が昇ってくるところだった。
    その月 見ていたら また泣きそうになった。

    私 この 中秋の名月を楽しみにしていて
    その時間は ぜひ わんこと土手に行き
    沈む太陽と 上る月を 同時に見たいと思っていたのに
    実際には こんな人生最大のブスの顔で 痛さに泣きながら 運転している。

    1週間前にできた鼻の下の小さな赤い点が
    今 こんなにも 私を苦しめてるなんて


    なんちゅー恐ろしい病気なんだ 帯状疱疹・・・

    とりあえず 明日は 耳鼻科だ。
    この上 顔面マヒになんてなったりしたら
    私 絶対 ひきこもる。


    ・・・・続く












     
  • スポンサーサイト

    2016.06.08 |
  • コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック