<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< マイテーマソング、ありますか? | main | 食べてみて衝撃だった料理おしえて! >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • アナと雪の女王

    2014.05.02 | 00:20
    JUGEMテーマ:映画の感想



     

    別の映画を見るたびに 予告編を見ていたけど
    すでにすさみきった心の私 今さら ディズニーなんてね〜
    って感じで ノーマーク
    それが 特ダネで 25ヶ国語で歌われた主題歌の映像
    特に 日本語バージョンの松たか子さんの部分の歌声を聞いたら 急に見に行きたくなった。
    松たか子さん 女優としても歌手としても 作詞家としても けっこう好きなんだ 私。

    で 松たか子さんの歌が聞きたいから吹き替え版で見た。
    ストーリーの予備知識はゼロでした(^^;)

    なので公式サイトから引用

    運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹、エルサとアナ──触れるものを凍らせる“禁断の力”を持つ姉エルサは、妹アナを傷つけることを恐れ、幼い頃から自分の世界に閉じこもって暮らしていた。
    美しく成長したエルサは新女王として戴冠式に臨むが、
    力を制御できずに真夏の王国を冬に変えてしまう。
    城から逃亡した彼女は、生まれて初めて禁断の力を思うがまま解き放ち、
    雪と氷を自由自在に操り、冬の王国を作り出す。

    愛する者を守るため本当の自分を隠して生きてきたエルサは、
    “雪の女王”となることで生きる喜びと自由を手に入れたのだ。
    一方、妹を守るために姉が払ってきた犠牲と愛の深さを知ったアナは、
    エルサと王国を救うため、
    山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出る。アナの思いは凍った心をとかし、凍った世界を救うことができるのか?

    そして、すべての鍵を握る“真実の愛”とは…?
     


    オープニングの氷を切り出すシーン
    レ・ミゼラブルか タイタニックかって感じで力強く働く男たち
    切り出した氷の透明感と美しさに やっぱディズニーすごいなあ。

    たくましい男たちにまじって 小さな男の子とトナカイ
    きっとこの先 本編に絡んでくるんだろうなあ←ディズニーもの 見すぎ。

    「雪だるまを作ろう」
    「生まれて初めて」
    「Let it go」
    の3曲はどれもすばらしく
    おばちゃんの私も すっかりその世界に入り込んでしまったくらい。

    アナとハンスが出会って恋に落ちるシーンがとてもよかったので
    ラストでハンスがまさかの悪役でびっくり
    私って実に製作者側においしい観客だわ。

    アナはかわいらしく
    エルサは美しくて
    ちょっと目が大きすぎかとは思うけど
    ソバカスすら愛らしい。

    クリストフは小さい頃はかわいかったのに
    大人になったらちょっとムキムキで ええーーって感じ。←文句ばっか

    この映画は 映像と
    松たか子&神田沙也加の歌の素晴らしさに
    ただただ よかった〜。

    エンディングなぜ May Jなのかかなり不満
    May J.は確かに歌うまいしきれいな声でいいんだけど
    この曲に限って言えば
    松たか子さんはエルサとして この曲を歌い
    May J.は歌手として歌ってるって感じで
    映画のエンディングでは やっぱり エルサの歌で聞きたかったなあ。

    この映画 3月の連休前の夕方に見に行ったので
    いつもはがらがらなのに 家族連れでぎっしり

    近くの席の女の子の映画のシーンへの反応がかわいくてほほえましかった。

    たとえば
    ラストで 凍りつきそうなアナにクリストフが駆けていくシーンで
    はやく はやく
    と言ったり
    キスをするシーンで きゃー とか

    昔子供たちがディズニー映画を見ていた時を思い出して
    この女の子のおかげで 私はこの映画を2倍楽しめたようなきがしたよ。






     
  • スポンサーサイト

    2016.06.08 |
  • コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック