<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 消費税の話 | main | 泣けるCM 盛岡のピアノ教室 >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 月出帯食

    2014.04.15 | 23:48
    JUGEMテーマ:ニュース

    14日 京急川崎あたりで 電車の窓からすごくきれいな夕日が見えた。
    反対側の窓からは 上ってくる月が見えた。

    そして15日は 皆既月食だそうで。
    でも 月がのぼる時間には すでに皆既は終わっていて
    そういうの 月出帯食っていうんだって。
    今朝の天気予報で初めて知ったわ。

    皆既日食に比べたら見られるチャンスは断然多い。

    月がのぼる時間に 屋上でスタンバイ
    月の出は18時16分
    その時刻が過ぎても 月が出ない

    建物に隠れているのかしら?
    それとも 方角が微妙に違う?
    ・・・・と あちこちさがしていたら あった。

    とっくに上っていた。

    それはそれは うすーい色で。

    私のデジカメやスマホでは まったく撮れなかったので
    ダンナのカメラを借りてきた。





    うーん 難しい ピンボケ

    しかも 写真を撮ってる私の足に うちのわんこが げほげほ言いながらしがみついてくるから
    よけいに撮りづらい。

    こうしてじーっとみていると 月ってけっこうな速さで上ってくるのね。

    ズームはこれが限界
    ブラッドムーンというほど 赤い月に見えないね。
    カメラの設定のせいかな?
    ダンナのカメラ 使い方 よくわかんないし。



    ここまでのぼってきちゃうと もう赤い月 という感じではないね。

    9時ごろ 犬の散歩に出た時は もういつもの満月だった。

    次回に期待します。

    2000年の皆既月食の時は
    始まりから終わりまで 全部見た。

    というのも その時私は何度目かの入院中で たまたま窓際のベッドで
    消灯前にブラインドを閉めに来る看護婦さんが
    「今夜は 20世紀最後の皆既月食だから 閉めないでおきましょうね」
    と言ったので 私は寝ながら 皆既月食を始まりから終わりまで見ることができた。
    私の部屋からは 高架の線路があって その向こうに月がのぼってきた。

    今思うと 部屋やベッドの位置も 天気も 好条件で
    ある意味 奇跡に近かったかもね。

    私は 
    元気になって家に帰れますように
    ずっと家族と暮らせますように と
    月に祈ったよ。

    そのおかげかどうかは わからないけど こうしてまた皆既月食を見るチャンスがやってきた。
    お月様 ありがとうございます。
  • スポンサーサイト

    2016.06.08 |
  • コメント
    ちょっと放置していたら意味不明なコメントだらけでびっくりです。

    実は私 本当になりたかった職業は
    あまり言わないで来たのですが 
    婦人警官でした。
    でも中学生の頃 身長制限があることを知って諦めました。(^^;)

    昔の私は 
    結婚は遅いほうがいい 子供はいらない
    と宣言していながら とっとと結婚して3人も生んだので
    私も意外性のラインでいってもいいかな?

    ひとつ7000円のクッキーと聞いて思わず
    HPを見てしまいました。
    これはおいしそうです(*´▽`*)
    みているだけで幸せな気持ちになれそうです。
    お菓子にはそんな魔力がありますね〜。

    病院は 自分が入院してても 家族が入院してても
    いろいろな思いがありますね。
    今思えば 人生の中では短い入院経験でしたが
    自分以外にも いろいろな人生を見たような気がします。
    元気になって戻ってこれたから言えるのかもしれませんが。。。
    • マリコ
    • 2014.04.19
    • 16:09
    ☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
    ☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
    今日はぼくがどこからcommentしたら良いのかと…考えてしまいました
    (笑)


    なりたかった職業で言うと…ボクは完全にサラリーマン。
    イヤ今もサラリーマンなんですけど(苦笑)、ネクタイをちゃんと
    締めるような正しい日本のサラリーマンになりたい…って思って
    いました。
    進学に挫折して…今のような「なんだかフワフワした」職業に
    就いてしまいましたが。

    後悔とかはないですが、今の職業が合っているのか、合っていないのかは
    …なんだかよく分からなくなってしまいました。あまりにも長い時間
    服飾に携わっているので。


    昔のボクしか知らない人は…まさかナチョパパが服飾のデザイナーに
    なるとは思わなかったと必ず言います(笑)
    まあ、意外性のある男というラインでいってみたいと思います(^∇^)アハハハハ!


    そう言う意味では、ボクも消費税対策で何かを買うと言うようなことは
    全くしませんでした。

    ただ1日違いでちょっと得したモノもあって。
    定期的に村上開新堂という店のクッキーを買うのですが、完全に会員制
    の販売なので電話で予約して買うのですね。

    ところが人気商品でもあるので、オーダーしてすぐに買えるのでは
    なくて、時期によって三週間から2ヶ月ぐらい待たされるのですね。

    今回は商品は3月4日にオーダーして、出来上がりが31日。
    着荷が4月1日だったのですが…最後の5%消費税商品でした(笑) 
    たかがクッキーなんですが、一番小さいサイズでも一缶で7000円位する
    ので(笑)…個数をオーダーすると結構な違いになるのです。

    普通は法人で買うモノなのでしょうけど、ボクは完全に個人消費なんで
    …そこは少し響いたりします。



    病院の窓から見える月。少し自分の母の時と重なりました。
    二人で窓越しの台風を見ながら「ちょっとだけ荒れると面白いね」
    なんて話をしていました。子供みたいな人だったの(笑)

    なんだかちょっとだけ懐かしい気持ちになりました。

    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック