<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お豆腐の好きな食べかた、おしえて! | main | ピロリ菌がいた〜呼気検査 >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 国歌斉唱

    2016.01.22 | 10:51
    JUGEMテーマ:今日の一曲

    学生時代
    子供が生まれてからは 保護者として 行事などで
    日本の国歌「君が代」を歌ってきましたが
    嫌いです。

    テンポ遅くて歌いきるのに時間かかってイライラするし
    荘厳な感じはしても 明るさないし
    そんないい歌とも思えないし
    オリンピックなどでかかる日本の国歌って他国に比べて
    華がないように感じてしまう。

    が 近年 芸能人が 君が代を独唱するのを見ると
    その人が すばらしい歌唱力だったりすると
    聞きほれてしまう。
    君が代 すばらしいじゃないか と思う。
    特に 松崎しげるさん


    子供のころ 嫌いだったのは 意味が分からなかったからなのも
    あるんだろうな。

    君が代は
    千代に八千代に
    さざれ石の
    いわおとなりて
    こけのむすまで

    現代語訳すると
    君が代は、千年も八千年も、細石が大きな岩になってそれに
    さらに苔が生えるほどまで、長く長くずっと続きますように。

    ふーーーん
    て感じ←ぉぃぉぃ



    君が代に比べると アメリカ国歌ってかっこよく聞こえるなあ。
    今日 TVで 突然 ピンチヒッターとして国歌独唱することになった警察官カールトン スミスさんの
    動画を見て
    思った。

    歌う人と 聞く側が一体になってる感じ。

    you tube → こちら

    でも アメリカ国歌独唱で いちばん素晴らしいと思ったのは
    やっぱり ホイットニー ヒューストンの
    スーパーボウルでの時。

    あの時  ホイットニー ヒューストンの国歌を聞いた人は
    アメリカ国民であることを 誇らしく思っていそう。

    you tube→ こちら

    これは いつ見てもトリハダものです。
     

  • スポンサーサイト

    2016.06.08 |
  • コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック