<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 渋滞我慢できる?できない? | main | 目玉焼きにかけるのは塩?しょうゆ?それとも〜? >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 洋画は字幕派?吹き替え派?

    2016.05.10 | 10:28
    洋画は字幕派?吹き替え派?

    昔は断然 字幕派でした。
    レンタルで「ターミネーター2」を見たとき
    (当時 子育ての海におぼれていたので 映画はもっぱらレンタル)

    "Hasta la vista, baby"

    はカッコよかった。
    字幕で見たときは
    「地獄で会おうぜ ベイビー」になってた。
    それは なんとなくよかったけど

    TV放送されるたびに 吹き替えの訳が変わっていたような気もする。
    とっとと失せな
    とか
    それを日本語で聞くとしっくりこない。

    あのシーンは 英語のアメリカで
    審判の日に備えるサラがメキシコ系の人たちとかかわってきたなかで
    ジョンが覚えたスペイン語を シュワちゃんに
    こういう時は こういう言葉を使って と教えるんだから
    絶対 音声は

    "Hasta la vista, baby"
    で行くべきだよ だから 洋画は 字幕でなくちゃね

    なーんて 思っていたものだけど
    最近は 年取って 集中力や続かないのと
    字幕と映像と 両方を理解するのが衰えてきたし
    ストーリーがフクザツだったりすると 読んでてそれに追いつけなかったりで

    「ダ・ ヴィンチ・コード」をきっかけに
    映画館で 字幕版と 吹き替え版と両方を上映している場合は
    吹き替え版を選ぶことが多くなってしまった。

    昔の 映画のTV放送での吹き替えは
    たとえば 「タイタニック」のTV 初地上波放送の時は
    ものすごーーく がっかりしたけど
    最近は ロードショーでも吹き替えで がっかりすることは ほとんどゼロで
    吹き替えも 悪くないと思うよ。
  • スポンサーサイト

    2016.06.08 |
  • コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック