<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • ポルノグラフィティ 10th ライヴサーキット “ロイヤル ストレート フラッシュ” 〜ネタバレしてます

    2009.03.23 | 10:34
    ポルノグラフィティは 悪夢の携帯水没した横浜スタジアム以来です。
    屋根がある
    雨がふらないって すばらしいと思う。

    開演前の客席ウォッチング
    今回のパートナーは セバスチャン
    相変わらず これは楽しい。

    今回 始まり方がめちゃカッコいい。
    曲のタイトルが流れて行って 砂粒のように。。
    彼らが出てくる前から ワクワクしたです。


    今宵、月が見えずとも
    ギフト
    メリッサ
    リンク


    いきなり飛ばしてきて オバサンは疲れます。
    しかもアリーナだから 最初から立ちっぱなし。
    最後までもつのかな〜。
    すでにエアーがたりないかも。

    このあと いつもの
    「わしらがポルノグラフィティじゃー」
    アキヒトくん お顔が丸くなったように見える。
    そのせいか ハルイチのお顔が細く見えたわ。




    痛い立ち位置
    サウダージ


    リビドー



    サウダージのイントロがいつもとちがかったので
    最初 何の曲だかわからなかった。
    今回の ロイヤルストレートフラッシュだけじゃなく
    それ以前の曲もやってくれて うれしいにゃん。


    東京ランドスケープ
    Love,too Death,too


    このときのスクリーンの映像の 東京タワーやヘリコプターよかったなぁ。

    アキヒトくんの因島時代のお話の間
    ママ友と座ってお休みしました。
    体力温存しとかなきゃ。


    月飼い
    ROLL
    約束の朝
    あなたがここにいたら


    月飼いがリクエスト多かったとは 。
    FC限定は 娘が受験で行かなかったので
    そのときのアンケートなのかな?

    Rollは 大好きなのでうれしい。

    didgedilli
    DON'T CALL ME CRAZY
    ジョバイロ
    アゲハ蝶
    愛が呼ぶほうへ


    ハルイチのギターソロの後 メドレーで。
    できればどれも1曲ずつ聴きたいくらいなので
    楽しいけど
    もったいない気がしちゃう。

    ジョバイロ&アゲハ蝶の連続は
    年中 手拍子まちがえる私にはつらいわ(ノ_・。)




    アポロ
    ミュージック・アワー


    そしてこれは王道の曲ですね。
    いっしょにフリをやるのは楽しい。
    アキヒトくんが パフュームの振り付けしてたとはね〜(*^m^*)

    ここで ひさびさフラッディくんがでてきて
    10周年おめでとうのろうそくを吹き消すことに。
    2年前のさいたま 思い出すな〜。
    あれも 実に楽しいライブでした。

    Century Lovers
    空想科学少年
    ハネウマライダー
    Mugen
    ネオメロドラマティック


    このへんも すごく楽しかったね〜。
    若干 エアー不足にぜーぜーしましたが
    ついていけてよかった。

    娘は まえのZeppで買ったタオルがいちばん好きだから
    それ使う
    とかいってたくせに
    会場ついたら 忘れた と言われ
    しかたなく 私のタオル貸しました。
    アリーナなのに ハネウマでタオルなしなんて。。。

    最後の曲は

    シスター

    これも大好きな曲。
    ポルノグラフィティは アポロからずっとスキだったけど
    この曲は タマの脱退もあり 
    彼らの一番のターニングポイントだったんだ。
    うすうす感じてはいても アキヒトくんが語ると
    なんか せつなくなる。

    オープニングの時のように 曲のタイトルが流れて行って
    Thank you の文字が。
    なんか じーんとしちゃうね。

    そして
    アンコールへ
    ダイアリー 00/08/26
    Please say yes, yes, yes
    ジレンマ



    ハルイチの
    音楽は宛先のない手紙を書き続けるようなもので。。。
    のお話
    ああ ハルイチくんは やっぱり詩人だなぁ。

    最後のナマ声は
    なんて言ったかあんまり覚えていないのです。

    また遊びにきてね
    だったかな
    また会いましょう
    だったかな?

    娘のFC期限が 来月なのですが
    もう更新しないと言うので。。。(T-T)
    次は ふつうにチケットとるかなぁ〜。

    それにしても 彼らのライブは ほんとに楽しい。
    雨も降らないし
    雷も鳴らないし
    やっぱ ライブは ホールがいいよ。

    live

    live






    JUGEMテーマ:音楽


  • 中村中 ライブ「異常気象」〜ネタばれしてます

    2009.03.08 | 09:34
    初めて 「友達の詩」を聞いた時は
    胸に響いた。
    そういう愛し方もあるんだなーって。
    その後 金スマや徹子の部屋なんかで
    何度か見て
    娘たちも彼女の歌が好きになって。。。
    で たまたま見つけたお知らせで申し込んだら チケット取れました。
    ラッキー♪

    本人の「異常気象」を伝える天気予報のナレーションでライブスタート。

    アルバムをしっかり予習してなかったんで
    いまいち不安だったんだけど
    第一声を聞いて 
    うわー 歌上手いんだなーと聞き惚れる。
    ちぎれ雲
    台風警報
    迷い子

    と3曲歌ってあいさつ。
    前から10列目くらいの席で この間の代々木なんかと比べると
    近くてびっくり。

    どうやら 「異常気象」というタイトル通り
    お天気がキーワードのようです。

    働き者
    さよならは言わないで
    煙草

    とまた3曲歌ったあと暗転したので お着替えかな?

    いえいえ
    小さなお部屋が出てきて コミカルな幕間芝居って感じ。
    林檎の皮剥き
    部屋掃除


    リンゴの皮向くの上手。
    ナイフがきらきら光ってちょっと怖いぞ。

    命日
    風立ちぬ
    こだま

    歌詞を一語一語じっくりしっとり聞きました。

    ここまでは じっくり座って聞いていたのですが
    さあ
    と 手拍子でみんな立ちあがったんで
    え? こういうのもありなの?
    と いまいち挙動不審気味に 席を立ち

    風の街を捨てて
    チューインガム
    未練通り
    トランクソング


    といっきに盛り上がり エンド。
    会場と一緒に歌っちゃったりして ちょっと意外な感じ。
    でも楽しかった。
    この人 ライブではこんな感じなんだと 新たな発見。

    そのあと 普通なら 「アンコール」
    最初 会場がなんて言ってるかわからなかった。
    「残業」
    アンコールは 残業なんですね。

    白いとろんとしたパンツスーツの上がライブTシャツになってました。
    側にいる事
    友達の詩
    さよなら十代


    ナマで聞いた「友達の詩」はトリハダものでした。
    最後の曲の前に
    成人式を迎えたのが このシンフォニーヒルズと聞いて またびっくり。

    今回 このライブに来ようと思ったのは
    ほぼ地元だから。
    ここは できた当初から 子供の学芸会やらピアノの発表会 音楽会 映画会などで
    なじみの場所。
    うちの子供も ここで成人式やってます。
    ロンバケのコンクールもここで キムタクがあのステージにいたんだよなぁ。
    子供たちは 客席 ステージ 両方経験ある訳で
    建て替えになるという噂もあるけど 
    ここはやっぱりいいホールです。

    ライブというより お天気がテーマの歌入りお芝居を見た感じ。
    濃密な時間でした。

    a

    これもおなじみのオブジェ。



    あしたは晴れますように(DVD付)
    あしたは晴れますように(DVD付)
    中村中
    JUGEMテーマ:音楽


  • ポルノグラフィティ 横浜ロマンスポルノ'08 〜10 YEARS GIFT〜ネタばれしてます

    2008.09.29 | 15:57
    この間 都電の中で見かけた高校生の男の子が
    ツアーグッズの バッグやキーホルダー ワッペンなどを
    たくさん学生カバンにつけていて
    思わず 
    横浜スタジアムに 行ってたんだね?
    あの大雨の日?
    と話しかけたくなった。これだからオバサンは。。

    ライブ当日は 携帯が水没したショックと
    ずぶぬれで疲れ果ててたから こんなに間があきました。

    思い出しても あー あの日は。。
    となってしまうよ。

    会場について席に座り あたりを見回すと
    スタンド後方のカメラが ばっちり雨対策でビニールシートに覆われていた。
    その時点では まだ西日が強かったし
    ほんとに降るのかな−という感じ。
    スタッフさんは ちゃんと天気予報チェックしてたんだね。
    それなら 北京オリンピックのように 雨雲散らすヤツ打ち上げてくれたらよかったのに。

    さいたまで見た時のような スクリーンで客席と会話。
    これは 楽しい。
    そのころから 雲行きがあやしくなってきて
    ライブ スタート

    ライオン
    痛い立ち位置
    ヒトリノ夜
    ポストマン


    このあたりで ポツポツ降り出してきて
    ビニールカッパ出して 着たところで 本格的に降ってきた。

    ポルノグラフィティの10年を振り返ってみよう
    なんて頃は 
    もう 雷鳴轟き すごいことになってたよ。

    ベアーズ
    グラヴィティ
    愛が呼ぶほうへ


    このあたりは 私のバッグが流出して パニック状態。
    あまり覚えていない。

    We Love Us
    幸せについて本気出して考えてみた


    この辺は 
    あー 携帯 どうしよう
    お財布も お金も カードも 保険証も 領収証も
    買ったおやつやサンドイッチも みんなズブヌレだー
    と絶望的で

    横浜リリー
    アゲハ蝶


    このあたりで 
    あー もうくよくよしてもしょうがない
    私は このライブを楽しむんだーと 悟りと無我の境地へ。

    カルマの坂

    だからこの曲 しみじみ聞きました。

    ヴォイス

    このあたりは さらに雨も激しくて
    アキヒトくんのマイクがダメになり
    会場のみんなが歌った。
    なんだか 胸がじーん。

    「この雨雲はあと10分ぐらいでこの場所を通過するそうです。」
    と2回くらい 言ってたけど
    雨雲は がんこに居座り 雨は 一度もやまない。

    アキヒトくんの
    「ライブ後半戦」
    で 会場は
    「えええええー」

    でもこのへんから さらに盛り上がったよ。

    Report21
    ミュージック・アワー
    HeartBeat
    リンク
    メリッサ


    ミュージックアワーは 前のロマンスポルノのDVD見て
    こんなふうにやりたかったんだよなー
    と思う通りにやってくれて うれしかった。

    メリッサの間奏 いつもと違うなーと思ってたら
    ハルイチくんのギターも雨にやられたんだね。

    稲妻サンダー99
    ハネウマライダー
    ギフト


    理由はどうでも JAPAN と叫んでくれーと
    みんなで JAPAN のコール。
    ほんと ずぶぬれだって。

    スクリーンのライダーの画像で
    周りがいっせいに ぞうきんしぼるみたいに タオルをしぼって準備する。
    だって こんなびしょびしょじゃ 重たくて振り回せないからね。

    そして

    アンコール へ。

    Love too,Death too
    アポロ
    Please say yes,yes,yes
    ダイアリー08/06/09


    雨が降り出してきたときは
    うわ マジかんべん と
    このまま ライブ中止にして 別の日に振り替えてほしいとも
    思ったけど
    終わってみれば 
    いろんな意味で すごく印象的なライブだった。

    このどしゃぶりのおかげで まわりの知らないまったく年齢層の違う人たちとも
    お話できたりね。

    私が持っていたチケットは ほんとはこの前日のものだった。
    でも 都合で この日しか行けなくなり
    私のチケットは 長女の友達が買い取ってくれました。
    長女の友達カップルをずぶぬれにさせなくて よかった〜。

    p

    水没した携帯で写した最後の一枚。
    席について すぐの写真。
    数十分後 携帯の入ったバッグは この階段を
    満水のバケツをひっくり返したみたいになって 流れていきました。。。。
    思い出しても悲しいわ〜。

    JUGEMテーマ:音楽


  • J-WAVE 2000+8  3日目〜 ネタバレしてます

    2008.08.21 | 10:41
    jwave
    JUGEMテーマ:音楽


    2005年から毎年いってる J-WAVEのライブ
    今年の 20th J-WAVE LIVE 2000+8は
    最終日のチケット。
    最終日に行くのは 初めて。
    なにか お得なことあるかな? ワクワク。

    ******森山直太朗

    夏の終わり
    夕暮れの代弁者
    生きとし生ける者へ
    生きていることが辛いなら


    毎年 夏の終わりが近づくと
    「夏の終わり」を聞きたくなるので
    ナイスな選曲 うれしい。
    特にこの日の東京は 雨模様で久々涼しくて
    このまま 夏がおわってくれていいのになーという感じ。

    近頃 ネットで話題になっていた「生きていることが辛いなら 」
    森山直太朗さんは
    友達の引っ越しの手伝いで この詩を知って
    胸にぐっと来て曲を作った 
    フルで歌うのはこのライブで4回目
    この曲は 最後まで聞いてほしい  と
    両サイドのスクリーンは 歌詞が出た。

    歌の最初の
    「生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい」
    が まるで 自殺を助長するようで問題なのでしょうが
    全部の歌詞を読めば 言ってることは
    まったく違うってことがわかるはず。

    私は 「生きとし生ける者へ 」から
    「生きていることが辛いなら」の流れで なんだか泣きそうになった。

    生きとし生ける者へ 歌詞→こちら

    生きていることが辛いなら 歌詞→こちら

    ******青山テルマ

    HIGHER
    ONE WAY
    何度も
    そばにいるね
    Paradise


    テルマちゃん とてもかわいかった。
    あいさつの次に
    「もう朝から心臓とまんなくなっちゃって。」
    って へ?
    まだ3曲目くらいなのに
    「最後の曲」
    とか
    そのあとのしぐさとか またかわいかった。

    何度も
    そばにいるね
    は よく聞いていたけど 他の3曲がすごくかっこよくて
    こういう曲もうまいんだなーと思った。

    ******くるり

    デルタ
    ワンダーフォーゲル
    飴色の部屋
    さよならリグレット
    かごの中のジョニー
    ロックンロール
    ばらの花(ゲスト:小田和正)


    実は名前くらいしか知らなかった。
    それは 私だけのようで とっても人気。
    聞いてみると
    あ この曲CMで聞いたことある
    てな感じです。
    カレーのCMでしたね。

    最後に 小田和正さんがゲストで登場してびっくり。
    2年前は 平井堅のときのゲストだった。
    また聞けてうれし〜〜〜。

    1曲だけだったのが 超ザンネン。

    ******アンジェラ・アキ

    サクラ色
    MUSIC
    モラルの葬式
    This Love
    手紙
    AGAIN
    たしかに


    今回 いちばん感動したのはアンジェラ・アキ
    この人の歌とピアノはパワフルですごいっす。
    This Loveは すばらしかった。
    MCも楽しかった。
    特に最後の
    今夜家に帰って ライブの余韻に浸りながら缶ビール開けて
    あーーーもっと歌っとけばよかったのあたり。
    後悔しないように いっしょに楽しみました。

    前に何かのお笑いネタで
    「アンジェラ・アキはピアノを弾いてるんではなくて壊すような儀式をしてるんだと思う」
    って言うのがあって
    それくらい音も弾き方もパワフル
    肘とかゲンコツとかでも弾いちゃうし。
    歌もうまいし。
    最後 ナマ声も聞いてみたかったな。

    この後だったか 休憩で外にお買い物にも行けてラッキーと思ってたら
    雨で断念。
     
    ******平井堅

    POP STAR
    瞳をとじて
    Twenty! Twenty! Twenty!(ゲスト:KAN)
    君の好きなとこ(ゲスト:清水ミチコ・三谷幸喜)
    いつか離れる日が来ても
    Love Love Love


    やっぱりJーWAVEはこの人目当てです。
    1曲目は POP STAR
    さいたまのときもそうだったなーと思う。
    あのときとは違って この日はあらいぐまくんももぐらくんもいなくて
    アコースティックな感じ。
    そういえば セットがKen's Bar仕様だったね。
    1曲目 2曲目はもしかしたら 去年のJ-WAVEと同じ曲順だったかも。

    3曲目で
    突然 バグパイプにタータンキルトの人が現れてびっくり。
    ゲストのKANさんだった。
    さいたまのときのダンサーと一緒のポップなTwenty! Twenty! Twenty!
    と全然違う印象で こういうのもいいなーと思った。

    さらの4曲目では清水ミチコ(ピアノ)&三谷幸喜(リコーダー)のゲストといっしょに
    君の好きなとこ
    なんてゴージャス。
    清水ミチコさんのモノマネは雰囲気出てるな〜。
    東京ドームのとき すっかりユーミンと信じちゃったし。

    この日の曲は 全部さいたまでも聞いていたので
    あの時と違うアレンジだったり
    似たアレンジだったりで めっちゃ楽しかった。

    ******スガシカオ

    19才
    フォノスコープ
    progress
    コノユビトマレ
    リンゴジュース
    奇跡
    午後のパレード
    POP MUSIC(アンコール)


    3日間の大トリ。
    前にJ-WAVEで見た時は 弦楽器といっしょにの静かな感じだったけど
    この日は 同じ人かと思うほどノっていた。
    知ってる曲も多かったし。

    アンコールで出てきたときは
    なんかすごい晴れ晴れしたいいお顔で
    「大トリすっごい緊張した」
    みたいなこと言ってて 大拍手を浴びてました。

    全部終わったのは 夜9時20分くらい。
    ほぼ 6時間くらい代々木にいたんだわ〜。
    最終日は さすがに違うわ。濃密〜〜。
    やっぱ 来年も見に来たいな。
    チケット当たるといいな〜。

    J-WAVE HP→こちら

    今年でうちわも4本目
    と思ったら
    2005年のが どうしても見つからない。
    どこやったっけ?

    jwave

    utiwa


  • 平井堅、 Ken Hirai Live Tour 'FAKIN POP' 〜さいたまスーパーアリーナ 〜ネタバレしてます

    2008.07.14 | 13:03
    saitama

    7月13日 さいたまスーパーアリーナに
    平井堅 見に行ってきた。
    前に同じようにさいたま来た時も暑かったけど
    今回も暑いです〜。

    あまりの暑さのせいか 開場が早まった。
    前回のライブの際の事件のせいか 入口で金属探知器
    なにも持っていないけど あまりにあっさりでつまらない。
    どうせなら もっと念入りにチェックしてください。
    席は200Lvの2列目で 通路となりでもあったので座ったまんまでも十分見れる場所だった。ラッキー。



    POP STAR
    君はス・テ・キ
    fake star


    小島よしおふうの派手なオープニングで楽しかった。
    あらいぐまのあっくん&もぐらのもっくんもいたし。
    いっしょに行った人は 平井堅初ライブで
    Ken's Barのイメージが強かったそうで
    こんな平井堅初めて見た
    ととてもびっくりしていた。

    UPSET
    哀歌


    哀歌は 鳥肌立ちました。ファイヤ〜っ。

    pain
    瞳をとじて


    ここんとこ 「瞳をとじて」はピアノバージョンで聞くことが
    多かったんで
    ひさびさ ゴージャス感たっぷりのを堪能した。

    友人お待ちかねの
    ☆ミニKEN'S BAR☆

    思いがかさなるそのまえに

    アカペラで歌い始めたと思ったら
    「もう一回やってもいいかな」
    どこがどう不本意でもう1回やりたかったのか 私にはわからなかったけど
    2度目は その分 すごーく ステキに聞こえた。
    得した気分。


    キャンバス
    Life is…
    even if


    この3曲は どれも大好き
    それに 私は 平井堅のライブでいつもピアノを弾いてる方の
    この弾き方が すごくスキ。
    この人あってこそのKen's Barだなあと思う。
     
    even if は何度聞いても 胸のあたりがちょっと苦しくなる。


    衣装チェンジの時に
    スクリーンで
    平井堅&Fake Starのインタビューみたいのをやるんだけど
    それが 楽しかった〜。
    トイプー かわゆす。

    君の好きなとこ

    これは ふんわりあったかい気持ちになります。

    ここから先は エンディングに向けて突き抜ける感じで
    めっちゃ楽しかった。

    Twenty!×3
    Strawberry Sex
    KISS OF LIFE
    Love×3


    銀テープはもちろんゲットしたよ。
    風船は手が届かなかったけど。

    〜アンコール〜

    いつか離れる日がきても

    写真(アカペラ)

    アンコールはじっくり聞かせてくれて
    すごく満足したライブだった。
    MCがちょっとぐだぐだになっちゃうところも
    髪がぼーぼーになっちゃってるてるところも
    よかったです。

    次は J-WAVEで聞けるっ!

    FAKIN' POP
    FAKIN' POP
    平井堅
    JUGEMテーマ:音楽


  • Every Little Thing concert tour 2008 "Door"〜ネタばれしてます

    2008.05.30 | 23:04
    elt
    JUGEMテーマ:音楽


    ELTは 以前からスキだったので めっちゃ楽しみに出かけた。
    NHKホールも初めてだったし。
    アルバムの予習をしていなかったので
    「サクラビト」まで まったく知らない曲ばかり。聞いておけばよかった。

    それよか ナマELTは初めてなんだけど
    モッチーの歌唱力はこんなものなのですか?
    ツアー終盤で ノドに負担がかかっているのかな?
    この間 NHKの Songsで見たのとずいぶん違うんですが。。。
    なんか ハラハラしてしまって 思わず周りを見渡しちゃったけど
    特に不満そうな人は 誰もいないので これがいつもなのかなと
    ちょっと 落ち着かないよ。。

    ELTのライブは すごくアットホームなんだね。
    MCのとき
    「モノマネやってー」
    とか
    「いっくん 目」
    とか
    ふつうに会話してるよ。
    そうそう いっくんは ものもらいだそうで 黒い眼帯してました。
    いっくんのギターって やっぱすごいのね〜。

    アンコールの
    「スイミー」「 Dear My Friends」が
    私は いちばんよかった。

    写真のウサギは みんなが撮ってるので まねして撮りました。
    。。。こういうところが オバサンぽい。


    セットリスト

    まさかのtelepathy
    キラメキアワー
    ハイファイメッセージ
    うらうらら
    サクラビト

    country road
    ソラアイ
    愛の謳
    Time goes by
    パリの娘
    WONDER LAND
    恋文
    B.L.B.D
    jump
    Free Walkin'
    恋をしている

    アンコール
     スイミー
     Dear My Friend
     glagiolus
     オフェリア act_2 


  • 2/29 ライブR35 もう一度妻を口説こう〜ネタバレしてます

    2008.03.02 | 11:40
    35

    4年に1度の 2月29日
    国際フォーラムの ライブR35に行って来た。
    R35のCMキャラクターの 桜井幸子ちゃんのナレーションの後
    最初は
    class
    1曲めが 特ダネで見たばかりの class
    「夏の日の1993」
    特ダネで見たときは その時代をあんま覚えていなかったけど
    今回は 一応復習してきたので ばっちりです。
    classのお2人も 特ダネでの好感度が高かったので楽しかった。
    ただ その後の2曲は 知らなくて残念。。

    山根康広
    ものすごく情熱的に歌ってくれた。
    伸ばした指先が少し震えているくらい力を込めて手を突き上げて。
    なんか昔の西城秀樹ふうでした。
    「Get Along Together〜愛を贈りたいから〜」

    スペシャルゲスト 酒井法子
    グリーンのほわほわしたドレスでステージ奥からやってきたのりピーは
    めっちゃ かわいかった。
    たまたま前日 ちびまるこちゃんの最終回を見ていて
    まるちゃんのお母さんとは まんま別人 あたりまえなんだけど。
    CMの
    「世界中の誰よりきっと」
    ナマ足が 意外と筋肉質
    これも 時々再放送を見ていた
    「碧いうさぎ」
    当時のように手話をしていたけど 手の動きがなめらかで美しい。
    「愛が生まれた日」(with 中西圭三)

    中西圭三
    「woman」
    この曲は大好きだったので ナマで聞けてうれしい。
    日本人なのにこういう歌い方できるのは 久保田利伸と中西圭三だと思ってた。
    MCも面白かった。
    昔の姿をよく覚えてないけど 最近結婚されたそうだから
    シアワセ太りしちゃったの?
    バウムクーヘンのようになってしまったと何回も言ってたよ。
    続く
    「Choo Choo TRAIN」と新曲は
    ダンサーをバックに歌ったのだけど
    そのダンサーの方々が 途中疲れちゃいながらも
    一生懸命踊ってるのが 見てて楽しかった。

    JAYWALK
    1曲目はデビュー曲だそうで 残念ながら知らなかった。
    「何も言えなくて…夏」
    これも 特ダネで見てました。
    そのアンサーソング
    「もう一度」
    JAYWALKって5人だったと思ってたけど 今は6人なのかな。

    トリは 槇原敬之
    薄いスクリーンの向こうに立ってる姿が見えたときから
    すごい歓声。
    このライブに来てた人は マッキー目当てがいちばん多かったのかも。
    「冬がはじまるよ」
    私はマッキーのキラキラ反射する左手の指輪が
    気になって仕方なかったです。

    CMでかかっていた
    「Firefly〜僕は生きていく」
    fireflyが蛍だって知らなかった。
    私 一応英文科なのにヾ(--;)ぉぃぉぃ

    このライブで いちばん聞きたかった
    「もう恋なんてしない」
    歌い終わったらあっさり帰ってしまったので
    ええええ〜 そんなー。

    そしたら R35のTシャツに着替えて
    ピアノを弾きながら
    「どんなときも」
    2番になったら 今日出演のアーチストが全員出てきて
    みんなで歌って 楽しかった。
    赤いドレスののりピーもかわいかった。

    さて今回 友達にとってもらったチケット なんと最前列でした。
    最前列は 子どもと行った花やしきの仮面ライダーショーでもなったことがありません。
    ワクワク ドキドキだったわん。
    ステージ両サイドのスクリーンが 見えません。
    これって 残念なようなうれしいよいうな(^^;;

    最前列だから すぐそばにアーチストの方がいる。
    これってすごいわ。
    アーチスト当人が とてもこのステージを楽しんでるのが
    よっくわかるんだもの。
    時を越えて 自分達の大切な曲を
    今も愛されてることをじかに感じられて アーチスト冥利につきるって感じなのかな。

    いろんな意味で 興味深くもあり
    私にとっては とても楽しいライブだった。









    R35 Sweet J−Ballads
    R35 Sweet J−Ballads
    オムニバス,class,槇原敬之,財津和夫,オリジナル・ラヴ,徳永英明,藤谷美和子,中山美穂&WANDS,CHAGE and ASKA,米米CLUB,JAYWALK
    JUGEMテーマ:音楽


  • ポルノグラフィティがやってきた@Zepp東京 2日目〜ちょいネタバレ

    2008.02.06 | 18:50
    zepp

    JUGEMテーマ:音楽


    学校から帰ってきた娘と ゆりかもめで青海へ。
    K以来のZepp東京です。
    まずは 娘の希望通りグッズを買って ヴィーナスフォートぶらぶらした。

    a

    a

    6時ちょい前に戻ってきたら びっくり すごい人。
    いったい何人いれるつもりなの?

    zepp

    何とか会場入りして 万全の準備で先頭ブロックへ。
    すでに満員電車並みの混雑。
    あと開演まで 15分くらいかな〜というときに
    娘が
    「ここ やばい 具合悪くなるかも。。」
    ええええええ〜?
    なんでまた こんないい場所とったっていうのに(▼▼)
    でも 具合悪くなって途中退場なんて最悪の事態は避けたいので
    人の波かきわけて 3ブロック目まで バック。
    「ここなら 息できる〜。」
    といわれ ひと安心。
    それでも 開演が近づくと ここもだんだん すごい人に。
    開演前のアナウンスの後 ちょっとの静けさ
    娘が
    「ママ もうちょっと後ろに行かない?」
    えええええええ〜?
    なんでよ もう始まっちゃうよ
    しょうがない また移動するか と思った時に 始まってしまった。
    もう この場所でいいや。

    ロックバンドがやってきた
    歌詞が英語だった。わくわくした。

    Please say yes, yes, yes
    メリッサ
    Light and Shadow
    リンク


    ライブハウス仕様なのか ノリがよすぎて
    始まったばっかだというのに 私のアタマの中は
    暑い
    狭い
    息苦しい
    しんどい
    で いっぱい。娘のこと言えないわ。
    でも ほんと 暑いの〜。

    ステージでは 昭仁さんが
    「そこ こみあってる」とか言っていて
    (━_━)ゝウーム やっぱあそこにいないで正解だったんだな〜と思う。
    ハルイチが
    「君たちがやられるかわしらがやられるか」みたいなこと言ってたけど
    すでにこのエアーの足りない状態で 私やられてます。

    ミュージック・アワー
    アレンジがちがくて 最初わからなかった。
    あ〜〜〜 でも楽しい。

    ウォーカー
    農夫と赤いスカーフ
    そらいろ
     

    そらいろ とかしみじみ聞きたかったけど
    相変わらず アタマの中は
    暑い
    息苦しい
    しんどい
    です。

    鉄槌
    空蝉

    会場 トランス状態って感じ。


    My 80's

    この辺 あんま覚えていないわヾ(--;)ぉぃぉぃ
    私のお隣は 私とおんなじ中学生の娘さんの付き添いのママでしたが
    始まってから ずーーっと腕組み 微動だにしません。

    ネオドラマティック
    のイントロで 会場(*≧▽≦)ノ で
    もうすっかりお疲れの私は
    ここから いっきに突っ走ってほしいと切に願います。
    ジョバイロ
    ROLL
    ハネウマライダー
    ベアーズ

    暑さも最高潮
    ジョバイロの手拍子は アゲハ蝶よりは わかりやすくていいわ。
    たまに間違えるけど。
    ROLL の「恐れてたんだ」までの流れが すごくよかった〜。
    ハネウマに入る前
    ハルイチの 「ブルンブン( ̄ω ̄= ̄ω ̄)ブン」あたりで
    お隣のママもようやく 飛んでました。

    金テープもキャッチしたし
    あとは アンコール
    あなたがここにいたら
    ジレンマ


    私の老体 よくがんばったと自分をほめてあげたい感じ。
    娘も 結局 ノリノリで具合悪くならなくて よかった。
    アンコール直前で退場してしまった人 大丈夫だったかな。

    最後は
    ハルイチ「まったねー」
    昭仁「俺達もがんばるから おまえらもがんばれよ」。。。。みたいな(うろおぼえ)

    オールスタンディングは もういいや。
    めっちゃ暑くて その暑さに疲れた。
    私も娘も背が低い上に ライブハウスは ヒール厳禁だというので
    不本意ながら ローヒールブーツで行った。
    背が低いって ほんと損だわ。

    zepp

    娘は スケジュール帳も買ってた。

    帰るとき 振り返ったら 観覧車がきれいだった。

    a
  • 松任谷由実 シャングリラ3 最終日 昼の部〜ネタバレしてます

    2007.09.18 | 15:39
    yoyogi

    9月ってこんなに暑かったっけ?
    ユーミンのシャングリラ3 最終日の昼の部に行って来た。
    ほんとは オーラスの夜の部のチケットがほしかったのだけど(;_q))

    ツアーがスタートした横浜アリーナで7月に見てから もう2ヶ月以上。
    この間に シャングリラがどのようにグレードアップしたのか
    自分の目で見られることに すごくワクワク。
    今日は中学生の次女といっしょ。
    次女は 観客の年齢層の高さにちょっとびびり
    自分が すごく浮いてるって それをやたら気にしてた。

    今回は 2階ほぼ真南のスタンド席の前列の方。
    自分で取った代々木のチケットは いい席に当たったためしがないのだけど
    このユーミンのシャングリラに関しては ステージ全体とプールが見渡せるスタンドは
    goodです。

    セットリストは 横浜のときとまったく同じ。
    横浜行った日のこと→ こちら

    なので 印象に残ったことをいくつか

    ようこそ輝く時間へ

    席についたとき 向かいのスタンド席上方に色とりどりの風船が見えたので
    どの曲の時かなとワクワクしてた。
    通路にお人形が現れたのとほぼ同時に 上から風船が落ちてきた。
    タッチできてうれしい。運動会の大玉ころがしの感覚。
    そしたら すぐそばで いきなり割れて ちょっとびっくり。
    鉄棒にも風船がついていて 前よりかわいくなった(*^m^*)

    ユーミンのあいさつ

    一曲めが始まったとき 少しユーミンの声がかすれ気味に聞こえて
    疲れが出たのかな
    それとも 最終日だから そのせいなのかな
    とちょっと気になった。
    最終日だからというコメントはそれほどなく
    MCも 横浜のときと ほぼ同じかな。

    インカの花嫁

    ダンサーが松明持ってた。
    火が燃えてる分 エネルギッシュに感じた〜。

    SAVE OUR SHIP

    今回いちばん感動したのは この曲。
    曲のクライマックスで 天井から白い人々がさかさまに降りてきて
    グランドピアノを弾くユーミンとともに再び登っていく。
    そのとき 下からいっしょに布のようなものを引き上げていくのだけど
    それが光の帯のようにも
    水の幕のようにも見えて
    私は なんだか 地球規模の荘厳さを感じてしまった。

    代々木の天井が もっと高かったら と思っちゃった。

    SHANGRILAをめざせ&真夏の夜の夢

    今回のこのシャングリラ3で中学生の次女が知っていたのはこの2曲だけ。
    これで 次女が楽しめるのかが いちばん不安だったのだけど
    次女は ものすごーく満足してくれたというし
    中でも この2曲は素晴らしかったと言ってたので 
    今の次女の年齢よりも若い時代からユーミンを知ってる私としても ものすごーくうれしい。

    空中ブランコでは 一瞬はっとしたところもあったけど
    でもでも ほんとうに素晴らしかった。

    最後の 真夏の夜の夢は さらにパワーアップしてるように感じた。

    そして
    アンコールへ

    今回 席が2階席で遠かったので ユーミンが涙ぐんでるのかどうかは見えなかったけど
    メンバーの名前を呼び上げるところの声で なんとなく ユーミン泣いちゃってるのかなと思った。

    ミラーボールの光の粒が 会場中に散らばって
    観客もユーミンやメンバーたちと いっしょに星になったようなそんな気分。

    最後のデデューの水中の舞い ホントに美しかった。
    ユーミンが MCで
    これは 夢を さらに夢が見ている みたいに言っていたけど
    そんな感じ。
    いっしょに美しい夢をみさせてもらいました。

    横浜のとき 深い海の底へもどっていくようにデデューが消えていって
    終わったのだけど
    その後 照明がつかなかったので
    やっぱり 最終日
    なにか あるんだと 再び ワクワク。

    でも 席を立って外に出て行っちゃう人が すごくたくさん。
    もう少し待てばいいのに〜〜〜。

    ほら やっぱり もう一度出てきてくれたじゃん。
    メンバーみんなでもう一度ステージに集まる。
    ユーミンは 最終日まで走りきれたことを とても喜んでいるようでもあり
    このまま この場所にとどまっていたいと思ってるようにも見えました。
    ユーミンとデデューと武田美保さん
    肩抱き合ってました(*^^*)

    夜の部では この後さらに 「ひこうき雲」&「春よ こい」もあったそうで
    うーん 昼の部でも やってほしかった。

    今回のシャングリラ3も 選曲がかなりマニアックな感じで
    その曲の存在すらわすれていたようなものもあったのだけど
    シャングリラは そのマニアックさを楽しむものなのかな
    とも思う。

    DVDになったら 細かい部分まで じっくりみたいな。

    yoyogi