<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

2016.06.08 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 散歩の達人 2011年 01月号 所沢 東村山

    2010.12.30 | 09:52
    JUGEMテーマ:お気に入りの雑誌

     
    東村山在住のブロガーさんの記事を見て 思わず買ってしまった。
    隅から隅まで じーーーーーっくり読んだ(←大掃除しろって)
    予想はしてたけど
    新しいお店ばかりで知ってるお店なんて 全然ない。
    所沢&東村山が 空とうどんの町 だってことも初めて知ったよ。
    私が子どもの時は うどんといえば かかしマークの 山田うどん だったもの。
    それに 私が住んでた頃なんて 本に載るようなお店なんか なかったってば。

    本に載ってた昔の写真は さすがにちょっと古すぎるし
    めっちゃ楽しみに買ったのに
    この さびしさは なんなのでしょう。。
    それは 私の立ち位置が 中途半端だから?

    東村山には 結婚するまで住み
    高校時代は 隣の駅の所沢で乗り換えていたので
    学校帰りに マックやケンタッキーに行きたいときは 所沢で途中下車
    地元でもそこそこ遊び
    でも 住んでる時は 東村山 キライだった。

    都会的なおしゃれな感じが好きなのに
    住んでる所は 「東」に「村」に「山」
    めっちゃ あかぬけない。
    さらに 東村山音頭に志村けん┐(~ー~;)┌

    私は結婚して絶対 東村山を出て行って 23区に住むんだって
    決めてた。
    (実際 ヨメに来たのは 小学生の頃習って
    絶対に そんなところには 人間は住めない
    と思っていた ゼロメートル地帯だったけどヾ(- -;)

    実家から離れて 下町に住むようになっても
    全然 寂しくなかった。
    母の方が 寂しがって毎日電話してきて しょっちゅうやってきた。

    それが 突然来なくなった。
    理由が分かんないまま 私は長男を産んで 長男がNICUに入ったので
    実家に帰れなくなり
    母と連絡が取れないまま 1ヶ月以上もたって私も長男も落ち着いたころになって 
    初めて母が病気で入院したのを知らされた。

    あわてて実家に帰った時 ほんの数ヶ月ぶりなのに
    東村山も実家も なんだかとても自分とは遠い所になったような
    急に カラーだった景色が 白黒になったようなそんな気がした。

    さんざん遊んだ所沢は 母が入院する防衛医大への駅になった。
    東村山の駅も 母のいない 父と弟だけの家に行くための駅になり
    私はますます東村山がキライになった。

    両親が相次いで亡くなり
    弟が結婚して
    実家が無くなると
    もう 私と東村山をつないでいたものが なくなった。

    いいんだ 
    今日から 私 下町の人になる
    せっせ せっせと下町の人になる 
    と長渕 剛の歌みたいにやってきたつもりだし
    東村山にも行ってない。
    行く所も帰るところもないし
    友達はいても 居場所がない。

    でも 私は 親と暮らした東村山より ダンナと下町に住んでる方が長くなった今でも 
    帰る家や家族はあっても 下町の人にも なりきれていない気がする。
    この 足元の危うさと言うか 不安感というかこういうの 
    きっとダンナや子どもたちには わかってもらえないんだろうなぁ。。

    それに こんなふうに感じるようになったのは 今年の夏に
    スーパーで 東村山黒焼きそばソースを 見つけてからで
    それ以来 私は 東村山がなつかしくて
    東村山に行ってみたくて しょうがない。
    ネットで ついつい 東村山を探してしまう。
    こんな本を買ってしまう。


    この間 スーパーの見切り品コーナーに
    東村山黒焼きそばソースが 何本も置いてあった。


    黒焼きそばソースを書いた記事 → こちら


    やっぱ 下町の人には あわなかったのね〜。
    私も 自分で作ってみても
    まあ 実際に東村山ででているものを知らないせいかもしれないけど
    (-ω-;)ウーン いまいち と思っちゃったもの。




    私は 下町の人なのか
    東村山出身の人なのか 自分でもよくわからないけど
    わかっているのは 私の居場所は この下町のこの家で
    私はいつもここにいて
    子どもたちが この先 なにか困った時ときとかに

    下町の家に帰れば おかーさんがいる
    と思われるようになれたらいいな。

    私は 困った事があるたび 心の中で
    お母さん 助けて
    と 数え切れないほど叫んできた。
    でも 母はいなかったわけで
    私は 自分がほしかった「大丈夫だよ」って言葉を
    ここで 何の根拠もなく言えるおかーさんになりたい。 


  • 東村山 黒焼きそばソース

    2010.06.07 | 16:18
    JUGEMテーマ:グルメ

    スーパーでこんなもの見つけて思わず カゴに入れてしまった。




    レジに行ってから お値段525円と意外とお高くてびっくり。
    でも いいのです。
    何故なら 私は 東村山の出身だから。

    志村けんさんと東村山音頭以外に 東村山に有名なものがあるとは知らなかった。
    しかも こんな下町のスーパーで 「東村山」の文字を見つけるなんて。

    東村山に 黒焼きそばソースなんていつできたの?
    少なくとも 私がヨメに来る前 東村山に住んでた頃には 聞いたこともなかったぞ。

    で 買ってきて さっそく 東村山名物の黒焼きそばを作ってみようとしたけれど
    実物を見た事がないので ちょっと悩みます。

    まあ 焼きそばだし
    いつも作るように 豚肉 キャベツ もやし ニンジン あげ玉 と
    この黒焼きそばソースに イカスミ とあったので
    イカも 入れてみた。

    焼きそばは ちょっと太めの シマダヤさんのもので 作ってみます。

    いよいよ お待ちかねの ソース投入

    ・・・・・・・・ ぎょええ〜〜〜〜〜〜〜Σ(|||▽||| ) 
    ほんとに 真黒だ〜〜〜。

    そして 家族の前に出してみると
    全員 声を揃えて
    「なにこれ」

    「東村山の黒焼きそば」
    と答えたものの 私も 実物を知らずに 勢いで作ったもので
    いまいち できあがりに自信がありません。。。。

    写真撮っておけばよかった。

    家族の評価は
    おいしいけど 見た目のマイナスを味でカバーできてない
    という 東村山出身の私には 厳しいものでした(T-T)

    少し 研究してみようかしら。。。。。

    それにしても 最近では 志村けんさんが 東村山音頭を 8時だよ全員集合でやってたことを
    知らない人も多いんじゃないかな〜?

    私が小さいころから 盆踊りでは 炭坑節や東京音頭 おばQ音頭とかといっしょに
    当然のように流れていた 東村山音頭。
    初めて TVで見た時は そりゃもう驚いた。

    それ以来 
    東村山に住んでいると言えば
    何丁目?だとか
    1丁目の踊りは 本当にあるのか?だとか聞かれ(あるわけないじゃん(▼▼))
    できれば 東村山と言いたくなかった事もあったよ。

    この下町にヨメに来て 憧れの市外局番が03の23区民になったものの
    その後 母が亡くなり 
    子どもの頃に住んでいた団地もなくなり
    父が亡くなり
    実家もなくなると
    東村山は ほんとに 遠い所になってしまった。

    もう私は10年以上も 東村山の駅にも 久米川の駅にもおりていない。

    東村山に住んでいたころは
    あんまり街に愛着もなくて
    早くここから出たいとも思っていたのに
    今になって こんなに懐かしく思うのは 何故かな?

    うちの3人の子供たちが計14年間もお世話になった小学校の校歌は
    全然覚えられなかったのに
    いまだに 自分の小学校の校歌を歌えちゃうのは 何故かな?

    梅雨時 大きなカタツムリをみつけるのが楽しみだった幼稚園の長いブロック塀や
    大雨が降るたび 川が溢れて 学校が早く終わって
    友達と 水たまりをじゃばじゃば歩いた道や
    遅刻しそうで走りたくても 息切れした中学に行く途中の坂道や
    学校帰り ずーっと立ち止まって長話してた最後の分かれ道や
    免許とりたての友達が エンストして みんなで青くなった駅前の踏切や
    ダンナとつき合い始めた頃 家まで送ってもらう途中にあって
    私は 何の違和感も無かったのに
    こんな昔のまだ現役なの?と驚かれた 赤い丸型ポストは
    今でも あるのか
    東村山にもどって 確かめたくなる。

    あの頃の自分にもう一度 気持ちだけでももどってみたい気がする。